スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ淡々と

今日は映画の話でも。

ミヒャエル・ハネケ監督の作品は、わりと有名な3作(「ピアニスト」「隠された記憶」「ファニーゲーム」)を観たのですが、個人的に一押しが「隠された記憶」

とても後味が悪いので、いやな人はスルーで。

そしてとても淡々と物語が進みます。気が短い人は気をつけて。

「衝撃のラストシーン」的なあおり文句の作品ですが、「衝撃」というほどの演出はなくここもあくまで淡々としていますし、明快なカタルシスは期待できないと思います。

ただ、淡々としているが故か、時々どきりとするような映像が挿入されて印象に残りました。

「人間っていやな生き物だなあ~」と思う作品ですが、なんか好きなんですよね。

ちなみに、ハネケ監督の作品は全部そうなので取扱注意です。
決して家族団らんで観ないでね。(特に「ファニーゲーム」)


次は大好きなデビッド・リンチ監督の作品でも紹介しようかと思いましたが、これまた取扱注意作品になりそうなので、またの機会に。


もしかしてわたし、カルト映画好きと思われてる?

ちゃうねん、普通に「ターミネーター2」とか好きなんだけど、世間で語り尽くされてる作品を今更語っても面白くないでしょ。

たまには耳慣れないタイトルの映画を観るきっかけにでもなればいいなと思ってるんよ。

ホントだよ。

---------------------

拍手ありがとうございます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

かえん

Author:かえん
コメントと書いてある下のフォームは、ブログに反映されない当方への直メールです。お気軽にどうぞ。
お仕事も募集中です。


管理サイト 南極パラダイス
南極パラダイス

わたしよりわたしに詳しいサイト
目出鯛!
目出鯛!

最新記事
コメント
お名前・メールアドレス・件名はデフォルトのまま(匿名)でも結構です。

お名前:
本文:

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。